有酸素運動にプロテインは必要?有酸素運動とプロテインの関係について徹底解説

有酸素運動とプロテインの関係

プロテインは、筋トレのイメージが強いでしょう。有酸素運動とプロテインについては、馴染みのない印象を受けます。実際、有酸素運動とプロテインの相性はどうなのでしょうか。今回は、有酸素運動とプロテインの関係について徹底解説します。

そもそもプロテインとは

プロテインとは、英語でタンパク質(protein)の意味です。日本におけるプロテインの意味は、タンパク質を中心とした栄養補助食品のことを指す場合が多いです。

プロテインを飲む必要がある理由

タンパク質は、筋肉の修復をサポートする働きがあります。筋トレをすると、筋肉が傷ついた状態になるため、筋肉の修復を早めるためにプロテインを飲む必要があります。

プロテインとアミノ酸の違い

筋トレ熟練者は、「BCAA」というワードを知っている方も多いでしょう。「BCAA」とは、アミノ酸のことです。アミノ酸とプロテインは混同しやすいですが、全く異なります。タンパク質は、20種類のアミノ酸から構成されています。タンパク質を分解したものがアミノ酸です。

そのため、タンパク質が主成分のプロテインよりもアミノ酸は体内への吸収スピードがはやいです。一方、タンパク質は、分解の過程を経てから体内に吸収されるため、時間を要します。双方の違いを理解しておきましょう。

有酸素運動にプロテインが必要な理由

有酸素運動全ての人にプロテインが必要とはいえませんが、目的に応じてプロテインが必要だといえます。筋肉量をキープしたい人は、プロテインを摂取することをおすすめします。例えば、以下のような方々はプロテインが必要となります。

  • ヒップアップしたい
  • シックスパックを手に入れたい
  • くびれが欲しい

有酸素運動時にプロテインで得られる効果

有酸素運動をすると、場合によっては筋肉量が減ってしまいます。筋肉量を維持するためにも、プロテインが必要となります。プロテインで得られる効果は「筋肉量を保つ」ことです。

プロテインを飲むタイミング

飲むタイミングによっては、プロテインの効果が半減してしまうので、最適なタイミングを覚えておきましょう。基本的には、有酸素運動後の30分〜1時間以内にプロテインを飲みましょう。理由としては、体内のタンパク質が運動によって不足するタイミングだからです。

有酸素運動後に最適なプロテインの摂取量

1日あたりのタンパク質の摂取量は体重1kgにつき1gとなっています。ただし、一回で摂取するのではなく、何回かに分けて摂取しましょう。一般的には、30g〜40gのプロテインを水や牛乳にとかして飲みます。なお、プロテインの種類や個人の体質などによって適量は異なるので、注意してください。

有酸素運動後におすすめのプロテイン

ここでは、有酸素運動後におすすめのプロテインを紹介します。それでは、紹介していきます。

プロテインの種類

一概にプロテインといっても、複数の種類があります。プロテインの種類は大別して3種類です。それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

ソイプロテイン

ソイプロテインは、大豆が原料のプロテインです。ソイプロテインは、低カロリーで、体内に吸収されるスピートが遅いのが特徴となります。ダイエットをしている方におすすめです。ただし、大豆が原料ということもあり、味はあまり美味しいとはいえないでしょう。

ホエイプロテイン

ホエイプロテインは、牛乳を原料とした動物性タンパク質のプロテインです。一般的なプロテインはこのホエイプロテインとなります。体内への吸収スピードが早いのが特徴です。有酸素運動直後に飲むプロテインとしては、ホエイプロテインがおすすめです。

ガゼインプロテイン

ガゼインは、ホエイプロテインと同様、牛乳を原料とした動物性タンパク質のプロテインです。がゼインプロテインの特徴は、吸収スピードが遅いことです。そのため、運動直後には適していません。ガゼインプロテインを飲むタイミングとしては、寝る前が良いでしょう。

おすすめのプロテイン

有酸素運動をする時におすすめのプロテインは、「ホエイプロテイン」と「ソイプロテイン」です。先ほども解説しましたが、ホエイプロテインは吸収スピードが早いため、有酸素運動直後に摂取すると良いでしょう。また、ダイエットをしている方には、低カロリーなソイプロテインがおすすめです。

まとめ

有酸素運動にもプロテインは必要です。特に筋肉量を維持したい方はプロテインを摂取しましょう。とはいえ、プロテインにも様々な種類があります。自分の目的に合ったプロテインを見つけ、最適な量で摂取することが大事です。また、プロテインを摂取するタイミングを考慮する必要があります。有酸素運動とプロテインの組み合わせ、ぜひ試してみてください。