さつまいもは高カロリー?さつまいもの糖質やカロリーについて徹底解説

さつまいも一本に含まれる糖質やカロリーは?

様々な料理でさつまいもを食べる機会が多いでしょう。「大学いも」や「焼き芋」など、さつまいもに少し手に加えた料理も人気を博しています。さつまいもの程よい甘さによって、ついつい食べ過ぎてしますこともあるでしょう。

とはいえ、ダイエットをしている方は、カロリーが気になるところです。今回は、そんなさつまいものカロリーや糖質について徹底解説します。

さつまいもに含まれる糖質

さつまいもに含まれる糖質は100gあたり29.7gとなります。他の食品と比べると、多い部類に入ります。他の食品との比較については、後ほど詳しく解説します。

さつまいもに含まれるカロリー

さつまいもに含まれるカロリーは、100gあたり134kcalです。他の食品と比べ、少し低く、いも・でんぷん類の中では標準的な数字となっています。さつまいもの一般的な重さは1本200g〜250gなので、1本あたり268kcal〜335kcalとなります。

さつまいもを食べる際の注意点

さつまいもには食物繊維が豊富に含まれており、お腹の調子を整えてくれます。しかし、食物繊維をとり過ぎでしまうと、むしろ腸内環境が乱れてしまいます。注意してください。さつまいもは、干し芋や焼き芋、スイーツなど間食で食べる場合が多いでしょう。間食としてちょこちょこ食べていくと、1日の糖分摂取量が大幅に増えてしまいます。食べ過ぎは禁物です。

さつまいもは、調理法によって栄養分が抜けてしまいます。蒸すなどのシンプルな調理法で栄養を逃さないようにしましょう。また、さつまいもは低音環境に弱く、すぐにいたんでしまいます。常温で管理するのがおすすめです。

さつまいもと他の食品の糖質を比較してみよう

冒頭の方でも説明しましたが、さつまいもに含まれる糖質は100gあたり29.7gです。他の食品の100gあたりの糖質は以下になります。

  • じゃがいも:16.3g
  • 山芋:12.9g
  • こんにゃく:0.1g
  • かぼちゃ:17.1
  • 大根:2.7

他の食品と比べて糖質が多く含まれていることがわかります。いも・でんぷん類の中でも糖質が多い方です。さつまいもは、タンパク質や脂質をほどんど含んでいないため、その分糖質が多く含まれています。

さつまいものカロリーを抑える食べ方

腰方形筋 中殿筋 ストレッチ

先ほど少しふれましたが、さつまいもは料理法や食べ方によってカロリーを抑えることができます。それでは、さつまいものカロリーを抑える食べ方について紹介していきます。

さつまいもは、焼き芋にすると、カロリーが増えてしまいますが、むし芋だとカロリーが増えません。ダイエット中の方はさつまいもを蒸して食べましょう。また、間食として食べるのではなく、主食として食べるのがおすすめです。主食として食べることで、満腹感を得て、食べ過ぎてしまうことが防げます。カロリーを抑える食べ方は「主食」と「蒸す」のがポイントです。

まとめ

さつまいもは、糖質が高く、低カロリーな食べ物です。カロリーがそこまで高くないとはいえ、ついつい食べ過ぎてしまうと、多くの糖質を摂取してしまいます。カロリーが気になる方は、主食として食べるのがおすすめです。調理法としては、「蒸す」のがカロリーを抑えながら、栄養を逃さずに摂取できるのでおすすめです。さつまいもを食べる際の参考にしてください。