RIZAP (ライザップ)で何故リバウンドする人がいる?理由などを詳しく説明!

受講した人が想像以上に変化することで有名なRIZAPですが、中には受講後にリバウンドしてしまう人もいるのも事実です。

トレーニングでしっかり追い込むのはもちろんのこと、食事制限もあるRIZAPのトレーニングでリバウンドする理由はなぜなのか気になる人も多いのではないでしょうか。

そこで、RIZAPを受講した人がリバウンドする理由や、リバウンドしないようにするための方法についてご紹介しますので、RIZAPの受講をしようか悩んでいる人はぜひご一読ください!

RIZAP (ライザップ)でリバウンドする理由を調査|実際にリバウンドする人は7%だけ!

まずはじめにRIZAPでリバウンドする人はどれくらいいるのか気になると思います。

実際RIZAPで公式に公開されている情報によると、リバウンドする人は全体の約7%となっています。この7%という数字は、RIZAPのプログラムを終了した1年経過後のリバウンド率ということで、数万人といわれるRIZAPの受講者数のうちの7%ということは、かなり少ない方でもあるのです。

なぜこのような数字が出せるのかというと、一般的なジムに通うだけならトレーニングをしてそれで終わりとなりますが、RIZAPでは専属トレーナーによるマンツーマンレッスンや毎日の食事管理によって太りにくい体質に改善していくことも行うからです。

これによりプログラム終了後は生活面も改善していることが多く、リバウンドしにくい身体ができているのです。

芸能人の方がリバウンドしやすい傾向がある理由

よくRIZAPのCMで登場する激ヤセした芸能人のその後リバウンドしているという噂も聞くと思います。

確かにRIZAPの受講後にリバウンドしている芸能人がいることも間違いありませんし、RIZAPの社長は、

「一般人のリバウンド率は7%だが実際タレントさんの方がそれよりも高い」

といっているそうです。

この事実からわかることは、芸能人は仕事でRIZAPを受講しているため、ダイエットで手に入れた身体を本気で維持しようと思っていないからとも考えられます。

確かにお金がもらえるとなればそのときは必死に減量しますが、撮影が終わってしまうと仕事が終わるため、もともと痩せたいと思う人でなければ体型を維持する必要はありませんよね。

しかし一般人は高い金額を払って本気で体型を変えたいと思っているため、RIZAPの受講後にリバウンドする人は滅多にいないのです。

では次に一般人のRIZAP受講者の話をもとに、RIZAPでリバウンドする理由を見ていきましょう。

RIZAP (ライザップ)でリバウンドしやすい4つの理由

RIZAPでリバウンドしやすい理由として考えられるものは、

  1. トレーナーがいなくなって体重管理ができなくなった
  2. 食事制限からの開放でドカ食いをしてしまう
  3. プレッシャーを感じなくなって運動しなくなる
  4. きつい運動がトラウマになって身体を動かさなくなる

となります。

残念ながらせっかく痩せた身体を維持し続けることができない人もいるので、その原因について詳しく見ていきましょう。

1.トレーナーがいなくなって体重管理ができなくなった

RIZAPはトレーナーがつきっきりで見てくれるため、トレーナーが居なくなるとやる気が起こらなくなりリバウンドするという人もいるようです。

RIZAPのトレーナーは厳しい研修を受けてきたスペシャリストですので、受講生のモチベーションを保つためのサポートも欠かすことがありませんし、日々の食事や体重管理も全てやってくれます。

もちろんRIZAPの受講中にプログラムが終了した後の管理についてもしっかり教えてくれるものの、プログラムが終了すればトレーナーがしてくれていた管理も全て自分で行わなければいけません。そのためダイエット期間が過ぎれば毎日管理することを忘れてつい自分に甘くなりがちです。

そしてどんどん油断していくうちにリバウンドの道へと進んでしまうでしょう。

2.食事制限からの開放でドカ食いをしてしまう

RIZAPのトレーニングメニューの中に含まれる食事制限は主に糖質制限を中心に行いますので、白米やうどん、パン、パスタなどの炭水化物を摂取することができません。

主食の一つであるご飯を摂取できないとなれば、満腹感が得られずかなりストレスを感じる人も少なくないでしょう。もちろんケーキやアイスクリームなどの甘いものも糖質を多く含んでいるため、食べるのは禁止です。

さすがにトレーニング受講中は意図的に糖質制限ができるかもしれませんが、いったんダイエットから解放されれば食事制限前と同じものを食べてしまうこともあるでしょう。

しかし食生活が戻ると簡単にリバウンドしてしまいますし、一度リバウンドすれば以前より体重が増えやすくなることもあります。

3.プレッシャーを感じなくなって運動しなくなる

RIZAPに通うと、2〜4ヶ月と決められた期間でダイエットを成功させなければいけないというプレッシャーが生まれます。

特に料金は一般的なジムと比べものにならないくらい高いので、絶対に成功させて元を取りたいと思うでしょう。きついプログラムメニューをこなせば、ほとんどの確率で結果を出すことができます。

そしてダイエット期間が終了すれば一気にプレッシャーから解放されますし、やりきった自分を褒めてあげたくなるのも自然なことです。

しかしその気持ちの緩みがあると、つい食べすぎてしまったり、まだ大丈夫といって運動を後回しにしてしまい、いつまでも運動しない生活習慣になります。

結果、リバウンドの道へ突き進んでしまうことになるでしょう。

4.きつい運動がトラウマになって身体を動かさなくなる

RIZAPのトレーニングは結果をきっちり出すために1回50分間のメニューの中で身体を追い込むため、翌日には全身が筋肉痛になるでしょう。

これが人によってはかなりきついと感じるようで、今までトレーニングと無縁だった人からは想像を絶する苦しみになるようです。

そのため「ダイエットが無事成功すれば今までの努力から解放される」という人は、その後の生活の中で激しいトレーニングとは無縁になってしまいます。

しかし筋肉が付いた状態で食事量はそのままで運動をしなくなると、あっという間に筋肉が脂肪に変わってしまいます。そしていつの間にかトレーニング前よりも体重が増えてしまったという人も少なくないようです。

RIZAP (ライザップ)でリバウンドする本当の理由はトレーナーとの相性が原因?

RIZAPでトレーニングした人がリバウンドする原因は、実はトレーナーとの相性であることも考えられます。

なぜならRIZAPは専属のトレーナーとマンツーマンでトレーニングや食事についての指導を受けることになるからです。

もちろんRIZAPのトレーナーになるには厳しい採用試験やかなりの研修時間やテストをクリアしたプロのトレーナーの中から厳選された人ですので、決してトレーナーの質が悪いということではありません。

問題はトレーナーと受講者との相性です。もしお互いの相性が悪ければ指導内容の理解力に差が現れてしまいます。

そうなるといくら優秀なトレーナーがついてくれていても、なかなか思うように結果が出ないでしょう。

もちろんRIZAPのトレーナーはできる限りどのような受講者でも最適なトレーニングができるように指導方法を改善し続けてはいるものの、それでも相性の良し悪しを完全になくすことはできません。

そのため、もしトレーナーとの相性が悪いと感じれば、カウンセラーに相談してトレーナーを変えてもらう方がいいでしょう。

RIZAP (ライザップ)でリバウンドする理由から見えた失敗しない5つの方法

RIZAPでリバウンドする理由から失敗しないための方法を考えると、

  1. 終わった後も継続できるようにスケジュールをこなせるようにしておく
  2. 痩せる方法をしっかり理解しておく
  3. 受講中の食生活を継続できるようにする
  4. 自己管理ができるようにしておく
  5. 受講中に無理して体重を減らしすぎないようにする

となります。

順に詳しくご紹介しますね。

1.終わった後も継続できるようにスケジュールをこなせるようにしておく

短期的には一時的に痩せることができても、その後にリバウンドしてしまうのはよくあるパターンです。

たとえば「夏は海水浴で水着が似合う身体を目指したい」という人は、きついトレーニングでも一時的な強いモチベーションが身体を動かしてくれるため、一時的な減量に成功することができるでしょう。

しかしいったん目的を達成してRIZAPのプログラムが終われば、一気にモチベーションが下がって何も手がつかなくなるでしょう。

そうなるあっという間にリバウンドしてしまい、最悪の場合RIZAPを受講する前よりも体重が増えたという可能性もあります。

そのためRIZAPの受講中はあくまで目的達成の通過点というように長期的な目標設定をし、体型を維持することも意識しておきましょう。

特にRIZAPの糖質制限ダイエットは一度ダイエットをやめて糖質量を戻すだけで、すぐに1〜2kgくらいは戻ってしまいます。

あくまでRIZAPは目的の体型を手に入れる期間ということにしておき、受講中にトレーナーやカウンセラーと、終わった後のことも考えて長期的なアドバイスをもらうようにしましょう。

2.痩せる方法をしっかり理解しておく

RIZAPに通ってトレーナーの考えているメニューや食事メニューができれば、必ずといっていいほど痩せることができます。しかしトレーナーのいったことをただ単にやっているだけではいけません。

しっかりと痩せる方法を理解できなければ卒業後にどうすればいいのかわからず、せっかく減量した体重がみるみる戻ってしまうでしょう。

そのため、通っている間にトレーナーに支持されたことはどのような意味があるのかという理論や根拠を理解できるようになっておきましょう。

基本的にトレーナーは質問すればなんでも答えてくれるはずですので、RIZAPに通っている期間はトレーニングをするのはもちろんのこと、トレーニングに関しての知識面も積極的に吸収しましょう。

3.受講中の食生活を継続できるようにする

RIZAP受講中の食事管理は栄養士が監修しており、トレーニングに最適な食事が学べます。

初日にもらえる「食事ガイドライン」と呼ばれる資料をもとにメニューが組まれており、この食事管理を学ぶのがRIZAPの醍醐味といってもいいでしょう。

基本的には低糖質な食事を摂ることを学んでいきます。朝は軽めで昼は普通に食べ、夜は軽めのペースとなっており、3食きちんと食べることができます。

さらに1日の糖質を管理できれば野菜以外にも肉や魚、卵を食べることも可能ですので、無理のないペースでダイエットができるでしょう。

この食事メニューを毎日続けることができれば、普段の食生活もかなり改善することができますので、RIZAPの受講中にぜひとも食事管理方法も学んでおきしょう。

4.自己管理ができるようにしておく

RIZAPに通っているときに痩せる仕組みを理解できても、自分の生活環境を変えて自己管理ができるようになるのはまた別の話となります。知識だけ持っていてもいざ自分の生活に反映できない人も少なくありません

そのためプログラムが終了してもトレーニングを続ける環境はどうするかや食事はどうするかなど、ひとつひとつ続けられるようにするための手段を身につけておく必要があります。

もちろんトレーナーに相談すれば自己管理の方法もアドバイスしてくれるでしょう。

5.受講中に無理して体重を減らしすぎないようにする

RIZAPの受講期間は最短で2ヶ月と、かなり短期間集中型のトレーニングです。

受講料も一般的なジムと比べて約10倍ほどと破格の値段であるため、どうしてもその期間内はダイエットに意識が集中しがちになります。人間は短期間であれば目的達成のために我慢することができます。

しかし短期間の集中は同時にストレスも溜まるため、一定期間が過ぎるとストレスから解放された反動で暴飲暴食を繰り返してあっという間にリバウンドしてしまったなんてことも考えられます。

そのため、受講中はあくまでトレーナーと無理のない計画を組み、急激に体重が落ちないように無理や我慢をしないこと意識しましょう。

無理せず休むときは休むというメリハリが大事です。

RIZAP (ライザップ)受講後すぐにリバウンドする訳ではないその理由とは?

RIZAPを受けてもリバウンドする人がいるのも事実ですが、少なくてもプログラムの受講中は筋肉をつけて太りにくい体質を目指していきますので、プログラム期間が終了してもすぐにリバウンドするわけではありません。

さらにRIZAPを受講すれば食生活も変わるため、意識するという習慣ができています。

きちんとトレーニングをしていればある程度筋肉がカロリーを消費し、食事も減量するためのメニューの習慣がついているため、実際はそうすぐにリバウンドすることはほとんどありません。

RIZAP (ライザップ)でリバウンドするのが怖いという理由で一歩踏み出せない人に保険制度も備えられている

RIZAPではリバウンドする人が7%であるものの、それでも10万人いると7000人はリバウンドしているということになります。

そこで、RIZAPはさらにリバウンドする人を一人でも無くすために「リバウンド保険」というオプションサービスも設定しています。

これは2ヶ月目以降に減量後の体重や体脂肪率を超えてしまった際に16回分のコースと同じ内容が無料で受け直すことができるオプションです。

まとめ

RIZAPでは厳しいトレーニングや食事管理があるため、短期間で結果を出すことができますが、短期間で落とした体重はリバウンドしやすいという特徴もあります。

そのためRIZAPを卒業し終わった後にもトレーニングを続けられるよう、受講中にトレーナーに指導してもらう必要があります。

とはいってもRIZAPを受講した人で実際にリバウンドする人は全体の7%と非常に少ないのも事実ですので、プログラム受講中にしっかり指導してもらえればほとんど心配しなくてもいいでしょう。

むしろRIZAPを受講する方が自己流でダイエットするよりもリバウンドしにくいとも考えられますので「しっかりダイエットして自分の生活スタイルを改善したい!」という人はRIZAPでダイエットすることをおすすめします。

ライザップ「RIZAP (ライザップ)」の口コミ・評判・レビュー – パーソナルトレーニングジム比較

RIZAP (ライザップ)の関連記事

RIZAP (ライザップ)で本当に短期間で結果を出せるの?短期で得られる効果を解説! RIZAP (ライザップ)の入会金はどれくらい?入会金が高額な理由と割引する方法を解説! ライザップ コースRIZAP (ライザップ)はどんなコースがある?それぞれのコースを徹底解説! ライザップ 体験談RIZAP (ライザップ)の体験談にはどんなものがある?SNSなどから体験談を徹底収集! RIZAP (ライザップ)の実際の評判はどうなっている?SNSなどから口コミを集めてみた RIZAP (ライザップ)の料金はどれくらい?コースごとの料金や支払いの際の注意点を解説 RIZAP (ライザップ)のプログラムを学んで自分に合った結果にコミットを!それぞれのプログラムを解説 RIZAP (ライザップ)にはどんな苦情がある?苦情から見えるRIZAP (ライザップ)のプログラムのキツさ RIZAP (ライザップ)で販売されている食事メニューは通販で買える?RIZAP (ライザップ)の通販で売られているものを解説! RIZAP (ライザップ)の設備はどんなものがある?マシンなどを使ったトレーニング方法を解説 ライザップ 体験談RIZAP (ライザップ)のトレーナーの質がかなり高い!採用条件や厳しい研修などを徹底解説 リタスタイル|食事指導付きのパーソナルトレーニングジムを徹底比較!RIZAP (ライザップ)のトレーニングは何をする?結果にコミットする最高のトレーニングを解説! RIZAP (ライザップ)を終えた後にリバウンドする?リバウンドする人の特徴やしないための方法を解説 bellezza(ベレッツァ) トレーニングRIZAP (ライザップ)でリバウンドする確率はどれくらい?リバウンドしてしまう理由や対策法をご紹介 RIZAP (ライザップ)で結果にコミットできた芸能人は誰?男女別にそれぞれ解説! ライザップ 体験談RIZAP (ライザップ)の効果がとにかく凄い!確実に結果にコミットするRIZAP (ライザップ)の秘訣をご紹介 RIZAP (ライザップ)の食事制限中は何が食べれる?簡単に作れるオススメのメニューなどを詳しく解説! RIZAP (ライザップ)の食事制限はかなり厳しい?実際にRIZAP (ライザップ)で行われている食事制限を解説 24 7 ワーク アウト 苦情RIZAP (ライザップ)の返金保証はどのようにして適応される?詳しい返金規定などを解説!